2021年 ネットショップで使えるアパレル卸売サイト

アパレルのネットショップを運営している場合、仕入れもインターネット上で行うケースが多いのではないでしょうか。アパレル卸売サイトは大小さまざまものがあり、アパレルのネット仕入れを行う方なら誰でも知っているような有名サイトもあれば知る人ぞ知る的なサイトもあります。

今回は、2021年4月現在ネットショップで使えるアパレル卸売サイトを10件ご紹介します。

アパレル卸売サイト一覧

NETSEA

NETSEA
https://www.netsea.jp/

NETSEAは日本最大級の仕入れ・問屋・卸の専門サイトです。BtoB卸モールの形で、さまざまな卸が出店しています。アパレルやファッション雑貨のほか、生活雑貨や美容・健康グッズ、家具・インテリアなど幅広いジャンルの商品を仕入れることができます。

24時間限定の日替わりゲリラセールや3・9がつく日のサンキューデーでのクーポン配布などさまざまなイベントが企画されており、こまめにチェックするとおトクに仕入れができそうです。

利用料:無料
取り扱い点数:約180万件(2021/4/23時点)
データや画像の利用:商品が一定の条件を満たす場合にダウンロード可能

スーパーデリバリー

スーパーデリバリー
https://www.superdelivery.com/

スーパーデリバリーは事業者専用の卸・仕入れサイトです。ファッション、家具・インテリア、生活雑貨、電化製品、食品・菓子・飲料・酒といった商品ジャンルのほか、ラッピング資材など什器・店舗資材も扱っています。

ネットショップ作成サービスのBASEと連携しており、スーパーデリバリーで購入した商品のデータはBASEに自動登録されます。BASEでショップ運営されている方にとっては要注目の卸サイトといえます。

利用料:月会費2,000円(税抜)
取り扱い点数:約146万件(2021/4/23時点)
データや画像の利用:出店企業によって異なる

BUYON

BUYON
https://buyon.jp/

BUYONは法人・個人事業主専用のアパレル卸サイトです。アパレル卸問屋街として知られる韓国・ソウルの東大門の卸問屋が集結したサイトで、日本にいながらにして現地卸価格で仕入れることができます。

複数の出展企業から購入した場合も同梱出荷されるので、送料が抑えられるほか受取もまとめて行えます。価格は韓国ウォン表示になっているためレートによって左右される部分もありますが、人気の韓国アパレル商品を仕入れられるサイトとして人気です。

利用料:月会費2,980円〜(税抜)+初期費用・お預り金
取り扱い点数:60万件以上(2016/10/13時点)
データや画像の利用:出店企業によって異なる

SMASELL(スマセル)

スマセル
https://www.smasell.jp/

スマセルは、アパレル在庫の卸売・仕入れサイトです。法人だけでなくフリマアプリ等で販売する個人の事業主でも利用可能になったおり、月額費用も無料なので、比較的敷居が低く誰でも利用しやすくなっています。

また、新品のアパレル商品以外に古着も扱っている点は他のサイトにはあまり見られない特色です。

利用料:無料
取り扱い点数:3万件以上(2021/4/23時点)
データや画像の利用:ダウンロードボタンがあるものは可(ECサイトでの使用不可等記載がある場合は不可)

TopSeller(トップセラー)

TopSeller
https://top-seller.jp/www/lp

TopSellerは、ネットショップ専門の商品仕入れサイトです。楽天市場・Yahoo!ショッピング・MakeShop・カラーミーショップのほか独自システム店舗でも利用可能です。商
品の画像やデータをTopSellerからダウンロードし、自身の運営する店舗にアップロードすることで簡単に販売できます。

お客様からの注文データを店舗からダウンロードしTopSellerにアップロードすると、梱包・配送はTopSeller側で行います。

利用料:0円〜
取り扱い点数:約25万件(2021/4/23時点)
データや画像の利用:可

TOPWHOLE(トップホール)

TOPWHOLE
https://topwhole.shop/

TOPWHOLEは、卸価格で買える会員制通販サイトです。韓国・東大門や中国・広州の独自ルートから仕入れをしており、トレンド感のあるレディースアパレルアイテムを現地仕入れ価格に近い価格で購入できます。

月額利用料はかかりますが、会員審査がなく、無在庫販売にも対応しているので比較的利用しやすい卸サイトのひとつです。

利用料:3,300円(税込)
取り扱い点数:約150件(2021/4/23時点)
データや画像の利用:可

ETONET(エトワール海渡)

ETONET
https://etonet.etoile.co.jp/ec/app/auth/login

ETONETは、総合卸エトワール海渡の仕入れサイトです。東京・馬喰町に卸店舗を構えており、店舗で仕入れた品物をサイトからリピート発注、サイトで事前にチェックした品物を店舗で実物確認しスピーディーに仕入れる等、店舗とサイトを事情に応じて使い分けることができます。

ファッション・アパレル以外に、雑貨やインテリア、食品の取り扱いもあります。

利用料:無料
取り扱い点数:約70万件(2021/4/23時点)※エトワール海渡の取扱数。サイトに掲載されているのはその一部
データや画像の利用:(不明)

GOMEN Online(江綿オンライン)

GOMEN Online
https://www.gomen.jp/

大阪に第一ビル・第二ビルを構える江綿株式会社が運営するサイトです。衣料小売店を対象に、衣料品・雑貨・ギフト品のほか店内ディスプレイ用品なども扱っています。

会員制のクローズドなサイトになっていて一般客は卸価格等を見ることができないため、安心して利用できます。

利用料:無料
取り扱い点数:(不明・会員登録後に閲覧可)
データや画像の利用:(不明)

ReValue BtoBモール

ReValue BtoBモール
https://b2b.revalue.jp/top/guide

リバリューBtoBモールは、家電・PC・家具・雑貨・玩具・ゲーム・メディアなど幅広いジャンルの仕入れに利用できるサイトで、アパレル商品も扱っています。型落ち品や外装キズなどの配送事故品、展示品等の「ワケあり商品」を扱っていることと、ネットオークションのような自動入札によるしくみを取っているため、低価格での仕入れがしやすくなっています。

利用料:無料
取り扱い点数:(不明・会員登録後に閲覧可)
データや画像の利用:(不明)

AKF

AKF
https://www.akf-japan.jp/

水着を中心に、レディースファッションや雑貨などを扱う卸サイトです。これからの季節に向けて、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

中国の会社のため国内サイトに比べると配送に少し日数がかかる可能性がありますが、水着をこれだけ豊富に扱う卸サイトはなかなかなく貴重な存在といえます。

利用料:無料
取り扱い点数:約1万1千件(2021/4/23時点)
データや画像の利用:可

2021年 ネットショップで使えるアパレル卸売サイト まとめ

インターネット上でアパレル商品の仕入れが行えるサイトは多数あります。取り扱い点数、料金、対応している決済手段、データや画像の使用可否など利用方法はサイトごとに異なります。仕入れる小売業者さんによって重視するポイントが違うので、今回ご紹介した内容が利用しやすいアパレル卸売サイトを見つけるお手伝いとなれば幸いです。

ストリートカジュアルのアパレル卸の老舗 RADCHAMP

アパレル卸一覧 免責事項

当ブログにおいてご紹介しているものは、参考資料程度にご確認ください。当ブログにおいて所在確認や会社の取引等の関係性は一切ございませんので、お取引の際はサイト概要や会社に直接コンタクトを取るなどを行ってから取引を行ってください。お取引によるトラブル等は一切責任は持てませんことをご承知の程よろしくお願いいたします。

楽天市場4月ランキングで注目!レディーストップス

ポストパンデミックのアパレルはどうなる?

関連記事

  1. アパレル卸とは?流通の仕組み

    性別・年代を問わず、多くの人に楽しまれているカジュアルファッション。季節ご…

  2. 表舞台から裏方まで、アパレル業界のさまざまな職種…

    華やかなイメージの強いアパレル業界。この業界を舞台にしたドラマやマンガも数…

  3. アパレル卸 アパレル業界 RFID

    アパレル業界で活用が進むRFID

    EC販売やSNSの普及など、アパレル業界もITの発達によって以前とは形が変わ…

  4. ポストパンデミックのアパレルはどうなる?

    日本でも医療従事者や高齢者へのワクチン接種が進み、身近な人からも「接種した」…

  5. ネッシーで人気のアパレル卸 3月の人気アイテム

    アパレルの仕入れを行う小売店やアパレル系の卸業者なら一度はチェックしたことが…

  6. ファッションとサステナビリティ

    ニュースなどで「サステナビリティ」という言葉を耳にしたことはありますか?環…

  7. アパレル卸 販売

    アパレル卸が軒を連ねる馬喰町・横山町問屋街

    あなたは問屋街というとどこを思い浮かべるでしょうか。全国各地にさまざまな問屋…

  8. アパレルファッション

    アウトドアファッションがヒットする理由

    アウトドアレジャーがここ数年人気です。2017年に年間1泊以上キャンプを行…

おすすめ記事

  1. レディースカジュアルトップス 通販
  2. apparel oroshi ファッション
  3. MODISH GAZE アパレル卸

最近の記事

PAGE TOP